christina-works.com

DHA・EPAサプリ!働き

DHA,EPAというのは、人間の活動に必須となる必須脂肪酸の一種です。
脂肪酸とは、グリセリンとともに脂質を構成する物質の1つです。分子内に二重結合がないものを飽和脂肪酸、二重結合があるものを不飽和脂肪酸と言います。
不飽和脂肪酸は、コレステロールを下げるなどの有益な効能を有するものが多く、最近話題の生活習慣病の予防には大変重要な物質です。
DHA,EPAはこの不飽和脂肪酸の一種であり、n-3系多価不飽和脂肪酸という分類に入ります。

DHAは、ドコサヘキサエン酸の略称で、青魚、まぐろ、かつお等に多く含まれます。
脳や神経組織の発育、その機能の維持に必要な成分であり、また、脳の情報伝達作用を活発化させる働きがあります。

EPAは、エイコサペンタエン酸の略称で、あじ、いわし、さばなどの青魚に多く含まれています。
この物質は、動脈硬化を抑制する作用があり、心疾患を予防する効果があります。
上記の不飽和脂肪酸を摂取するには、いわしやさばなどの青魚を多く食べることが最も効果的なのですが、近年、日本人の食生活が変化し、魚類よりも肉類の摂取量が多い欧米型食事に近づいています。
これにより、青魚等の魚の摂取量が減り、上記の不飽和脂肪酸の摂取量は不足気味です。 そこで、サプリメントで補うということも有効です。

上記のDHA、EPA等の不飽和脂肪酸を摂取するためのサプリメントには、青魚由来のものが多いのですが、最近では、青魚以外の食材(例えば、納豆など)由来のサプリメントも増えてきています。